MES(ミーズ)企業説明会、1月も開催

全国各地から20名程の方にご参加いただきました。

Zoomにズラーっと並ぶ皆さんの真剣な眼差し。

いつも気持ちが引き締まります。

コロナ禍で将来を改めて考えた方も多く。

「このままでいいとは思えなくて・・・」と感じています。

日本シングルマザー支援協会が主催となって企業説明会を開催するのは、私たちシングルマザーが生活を安定させるには仕事選びが最も重要なひとつであり、しかし多くの人が自分の経験から仕事を選択してしまうということが、シングルマザーの貧困に繋がっているからです。

収入は仕事によって変わる。これは男性でも同じです。

男性に置き換えて考えれば当たり前のことですが、女性の場合は、「子どもが小さいからパートね」と簡単に思ってしまう。これ、日本の七不思議に認定してもいいと思います。

それなのに「貧困で大変」というのは、よく考えたら当たり前です。

そんな七不思議を無くすには、私たちシングルマザーの職業選択の幅を広げることは重要です。ですから、MES(ミーズ)企業説明会が生まれたのです。

生まれた理由を知っていいただいたので、ただお仕事をご紹介する場ではないことは感づいていただけたかと。

MES(ミーズ)企業説明会とは、職業選択肢を広げると共に、「私にもできる」「こういう働き方なら教育費の心配もなくなる」と、可能性が広く広く広がります。

多くの方に参加いただきました

参加いただいた方の感想

■現状転職に力を注ぐ余裕がなくなっているのですが、参加することで前向きになれました。ミーズのステップ1について、企業選びの前に自分が今後どうなっていきたいかきちんと考えたいと思いました。

■コロナで益々就職が困難になっている状況である事を改めて理解しました。いろんな業種を知る事で、どこででも生きていける自分となれる様、少しづつ準備したいと思いました。

■経験者として、企業者として、協会としていろんな方をみてきた貴重な話を聞けてよかったです。
協会を作って頂いた事で、一人じゃ何からやったらいいかてんてこまいになって、動けなくなってしまったかもしれないですが。心強い味方がいる、相談出来る事が出来るので、そうゆう協会を作って頂いてありがとうございます。

■早く子どもを産み、正社員で働いたこともなく、社会との距離を感じて生きてきたので、私って仕事の仕方を知らなかっただけなのかもと感じました。今までは指摘される度に自信をなくして自分を責めてきたのですが、知らないだけで、方法が分かれば自信をつけて行けると感じています。MESのようなサポートがあれば少しの疑問を社外の皆様に相談できますし、とても心強いなと思います。

■1歳くらいのお子さんを抱かれながら、ご自宅から参加されている方もいらしゃって、
他の方がとても身近に感じれて、転職活動は孤独になりがちですが、とても励みになりました。社会に出てから20年近く転職を経験しながら、経理、企画の事務職で働いています。
いざ転職活動をしてみると、全く評価されずに戸惑っています。一度個別相談をさせて頂いて、スキルの棚卸しや別職種の可能性を探っていけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

■仕事へのマインド、自立するためには、働く自分自身の覚悟や、いろんな場を想定して体制を整えておくなど、具体的なアドバイスはとても腑に落ちました。私の場合は、子どももすでに大きくなり、自分の事をメインにだけ考えればいいので、その点では転職活動も、条件とかより仕事の中身重視で、世帯主視点で決めていかねばと思います。また、50代は、30代より10倍時間がかかるというの江成さんのアドバイスも刺さりました。年齢的に、体力も残された時間も少なくなりつつある50代。そこで自分はどう仕事を選んで自立していきたいか、また改めて考える機会になりました。

■自立するためのステップがあることを知り、試したいと思いました。新しい挑戦をサポートしていただけるのと、一人で一からやっていくとではかなり違います。これからも宜しくお願い致します。

今とは違う明日を手にするには、自分の考えに固執してはいけない。挑戦することでしかつかめないことが、たくさんあるんです。ひとりでは最初の一歩が難しくても、サポートを受けながら、出来上がった仕組みを活用しながら、自分らしく前に進むことができます。

日本シングルマザー支援協会 参加いただいた方の感想