ママベストパートナー

このプロジェクトでは、「女性が子育てと仕事の両立がしやすい社会づくり」を目指しています。

子育てをしている女性が社会復帰等、これから社会で活躍する時に障壁になっている、「不安」や「恐怖」を和らげ、スムーズに行動に移せるために、安心して求人募集に応募ができるようにと作った制度です。

国として女性活躍を推進している中で、依然として女性活躍が進んでいません。その理由として、男性社会の中で女性の特性の理解が低いことが原因としてあり、働きやすい職場が少ないという現状があります。

《女性活躍の課題》

  • 女性の管理職を増やすなど、数値目標が多い
  • 男性的な社会のまま、女性を受け入れようとしている企業が多い
  • 制度を設ければ活躍すると思っている
  • 女性の社会性が低い
  • 仕事と子育ての両立への理解が低い

その結果、女性も社会への恐怖心が強くなり、自らの力で社会で活躍することができなくなっています。

ママベストパートナー認定制度は、以下三カ条を基準として理解のある企業を認定し、女性が漠然と持つ恐怖心を払拭し、より社会で活躍して企業に貢献できる環境を整えることを目的としています。

ママベストパートナー三か条

《取り組むべき事項の例》

  • 全ての企業が他人事と思わず、自社内でできることを見つけ取り組むこと
  • 女性が長く社会に関わっていないことで社会性が低くなることから、社会復帰講座などの教育を定着させる
  • 男性管理職に、女性のマネジメント法を習得させる

《認定企業》

株式会社マナビス化粧品

株式会社Casa
株式会社Resta

大同生命保険株式会社
一般社団法人 グラミン日本
三菱ケミカル・クリンスイ株式会社
社会福祉法人むつみ会 春陽苑
N高等学校