デジタルスキルに特化したシングルマザー就労支援プログラム説明会を3回にわたり実施

就労支援をしていると、企業やフリーランスに求められるものと、私たちが必要だろうなーと考えているスキルの間に少し差があります。この差があって、就職自体がうまくいかなかったり、社内で評価されなかったり、フリーランスで稼げないということが、多くあります。

この差を埋めるために、協会では、3StepのMESプログラムで1人1人に合った様々なサポートを行っています。さらに、企業・団体と連携し、進みやすい環境を共に作っています。

その1つとして、グラミン日本・ランサーズ・日本シングルマザー支援協会は共に、コロナ禍で困窮するシングルマザーの方々に、デジタルスキルに特化した就労支援を提供するプログラムを開始予定です。

そのプログラムの説明会を3回にわたり、実施しました。

参加した方の感想を一部シェアします

〇「今よりも、より良くなるための未来と将来」を見据えた説明会という場に参加することで、悩んでいるのは私一人ではないのだと実感でき、とても勇気をいただけました。

〇手厚いプログラムで、希望が見えました。

〇シングルマザー家庭の状況を踏まえてプログラムを決めてくださる方々に感謝です。
いろいろな段階のシングルマザーがいることも改めて理解しました。

〇この様な素晴らしいチャンスを教えて下さり、有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

〇情報の発信・自立支援の活動に感動しています。

〇不安感などがないわけではないけれど、皆さんのエネルギーや思いのサポートを受けながら、納税者側にシフトチェンジしていきたいと思いました。

〇みなさまの暖かい思いに励まされ、ひとりじゃないんだと思えました。

〇説明会で話を聞いていくうちに自分にスキルが身につくと共に自信が持てるのではないかと思いました。最初は不安でしたが、いつの間にか、自分もやってみたい!と意欲がもらえた気がします。

〇良い面だけではなく、厳しい面も伺えたので、もし自分が参加できる事が出来たら、気を引き締めて期待に応えたいと意欲が湧きました。

〇プログラムもとても魅力でしたが、何より、受講中も、そして受講後もサポートして下さるという事が心強く感じ、一歩踏み出して頑張ってみようと思えました。