デジタルスキルに特化したシングルマザー就労支援プログラムがスタート

グラミン日本・ランサーズ・日本シングルマザー支援協会が協働で進めてきた「コロナ禍で困窮するシングルマザーに向けたデジタルスキルに特化した就労支援プログラム」が5月1日にスタートしました。

30名の方が説明会に参加し、面接を経て、5名の方がプログラムに参加します。

5月8日には、オリエンテーションを実施し、今までの人生や想い・3ケ月後の目標を共有し、絆が深まりました。ともに頑張る仲間がいることで、応援し合ったり、お互いフィードバックし合うことで様々な気づきがあり、目標達成が加速します。

不安が大きく自信がないままで就職活動をしても経済的自立は難しいですが、その気持ちを理解して前段階から寄り添い、実績を積めるプログラムを実践できる寄り添いの継続で活躍できるようになり、生活も安定し、子どもの未来に繋がります。

参加した方の感想を一部シェアします

〇皆さんが大変な逆境や心境からでも、前を向いて頑張ろうとしている様子に、大変大きな励みと刺激をいただきました。

〇普段生活していると、フィードバックを頂く機会というのは滅多にないので、良い評価も進言も、素直に受け止め、自己の成長につなげたいと感じました。

〇勇気を振り絞って取り組んでみると、乗り越えた先の伝わったという嬉しさを感じることが出来、勇気を出して行動することが素晴らしいことで、チームメンバーにとってもいい方向になると感じ、孤独感も和らぐことが分かりました。

〇不安な気持ちが大きかったのですが、皆さんがしっかりとしたビジョンを持っていて良い刺激を受けました。

〇他人様の人生での出来事を伺う機会は、日常では殆どなく、自分だけが大変な思いをしていると塞ぎ込みがちになってしまっていました。 そんな考えが大変恥ずかしく、皆様難局を乗り越えられて、将来に向かって歩みを進めていらっしゃることを知り、自分もこのままではいけないと気づきました。 心を揺さぶられる経験を皆様と共有出来た事を、本当に有難く思います。

〇これまで内に閉じこもりがちでグループワークがとても苦手でしたが、このプログラムのおかげで人とのシェアが好きになれそうです!家庭に入ってから頑張る機会がなくて、信用される機会もなくて、どんどん自信をなくしていましたが、皆さんが私のことを前向き だったり、芯が強いと言ってくださって自分で気づけな かった長所に気づくことができました。「人って温かいな、人と関わるのっていいな」と心が開けた気持ちです。